行政書士になるためのテキストの使い方

行政書士試験を実施する「一般財団法人行政書士試験研究センター」の発表によると平成26年度の行政書士試験は11月9日の日曜日に実施される。これまで、1年に1度しか試験は実施されていないので、この日の試験の結果によって行政書士になることができるか否かが決まることになる。6月初旬の現在、今年の試験までは約5か月もない。来年の試験を目指すのであれば17か月あることとなる。

これから勉強を始める人、勉強を始めたばかりの人、勉強に行き詰っている人、今年合格を目指す人、来年の合格を目指す人、一人一人のペース、それぞれの勉強法がある。効率良く勉強するためには、どのテキストを使用すればよいのであろうか。

決して一夜漬けでは行政書士にはなることができない困難な試験である以上、長く使うテキストは重要であろう。テキスト選びには、残された時間と相談して決めるべきであろう。もし、試験まで1年あるのであれば、比較的分厚いテキストを読み込んでいくことをお勧めする。しかし、試験まで半年などということであれば、薄い本を何回も繰り返し読む方法をお勧めする。

ただ、せっかく勉強するなら、少ない時間を有効活用して効率よく短時間で、出来れば費用をかけず学習したいと思うのは当然のことである。1年に1度しか試験はなく、時間は有限であるのだから。勉強方法や、テキスト選びなどに効率を求めるのであれば、1つの勉強方法やテキストを決めたのであれば、それ以外のテキストには手を出さず突き進むべきである。法律の学習は奥が深く、突き詰めると最終的には最先端の学説の対立などに行き着く。行政書士では、これらの知識は求められていない。テキストに書いてあることを、そのまま理解すれば、どのような教科書を使用しても、行政書士の試験に必要な知識は身に付く。一つの勉強法や、1冊のテキストを信じて勉強し続けることができるかが、合格の鍵となる。

テキスト選びについてもっと知りたい方にはこちらのサイトがオススメ