行政書士試験合格の決め手は自分に合った勉強法

行政書士は国家資格です。 少ない資金で開業できること、就職・転職にも有利であることから、幅広い年齢層に人気の資格です。
毎年11月の第二日曜日に行われる行政書士試験には、多くの方がチャレンジしていますが、ここ数年の合格率は8%前後と低く、容易に合格できる試験ではないことが分かりますね。
難関といわれている行政書士試験ですが、自分に合った勉強法でしっかり学習すれば合格することは十分に可能です。

行政書士試験の勉強法は、①予備校に通う、②通信講座を受講する、③独学で勉強する、と大きく3つあります。
どの勉強法にも、メリットデメリットがあります。
予備校に通う勉強法は、行政書士試験合格を目指したカリキュラムが組まれ、専門の講師陣による質の高い講義や指導を受けることができるのが大きなメリットですが、費用が高いことがデメリットです。通信講座による勉強法は、分かりやすく要点がまとめられたテキストや問題集で効率よく勉強が進められることが魅力ですが、モチベーションを維持し続けることが難しいことがデメリットです。独学は、自分のペースで自由に勉強ができることと、お金がかからないことが最大のメリットです。しかし、合格するまでには時間がかかり、途中で挫折してしまうケースが多いことがデメリットです。

このように、行政書士試験の3つの勉強法にはそれぞれメリットデメリットがあるわけですが、自分の性格なども考慮し自分に合った勉強法を選ぶようにするといいでしょう。
自分に合った勉強法を早く見つけることは、行政書士試験合格のためにとても大切なことなのです。